通帳と印鑑

活用しないリスク

白い大きな家

自己破産まえに任意売却

住宅ローンの返済ができない方で自己破産を検討している方もいるでしょう。
自己破産をしてしまえばマイホームは処分されてしまうので、破産手続きをする前に態々任意売却をする必要はあるのかと考えるのは当然のことです。
実際、自己破産でも任意売却でもマイホームは失うことになります。
しかし、自己破産をする前に任意売却をすることで、自己破産の費用負担を軽減することができるのです。
自己破産には同時廃止と管財事件がありますが、資産がない場合は同時廃止になり手続き費用は約3万円で済みます。
対して、住宅などの資産がある場合は管財事件になり最低50万円の予納金を納める必要があります。
そのため任意売却で住宅を売って、同時廃止にすることで50万円もの費用が削減できるのです。

費用負担を抑える取り組み

自己破産を行う際には弁護士に依頼しますが、一般的な弁護士は住宅ローンがある場合は事前アドバイスとして任意売却を進めます。
自己破産費用が抑えられるという点と、任意売却費用から引越し費用まで持ち出せるため、事前に任意売却をした方が債務者にとって有利だからです。
良心的な法律事務所はこのように進めますが、中にはこうしたアドバイスを行わない法律事務所も存在します。
よって、事前に知識を入れておき、信頼できる法律事務所を活用するということが最も重要になります。
法律に関することは難しいですが、今はインターネットで自ら情報収集できる時代です。
そのため下調べをしてから自己破産や任意売却に取り組んでいくようにしましょう。